お問い合わせ アクセス

頭頸部甲状腺外科センター・
耳鼻咽喉科

概要

診療科の特徴

頭頸部外科とは

『頭頸部(とうけいぶ)』とは、首から上の構造物の総称です。
『頭』には、脳や顔面、目や鼻、口やのど(咽頭)などがあり、『頸』には喉頭や気管、食道などがあります。 頭頸部のなかで、脳は脳神経外科が、眼球は眼科が、そして歯は歯科が専門科として担当しているので、頭頸部外科は、頭頸部の脳や眼球を除く部分の、主に腫瘍性疾患や外傷などの外科的な治療を担当している科です。

頭頸部がん

口腔や咽頭、喉頭といった我々が主に治療の対象としている部位は、息をする、声を出す、飲み込むなど、生活に直結した重要な器官が集中しています。頭頸部がんは、全てのがんに占める割合は5%程度と頻度は低いですが、多くの部位に様々な種類のがんができることが特徴です。口唇・口腔がん(舌がんが最も多い)、咽頭がん、喉頭がん、鼻・副鼻腔がん、唾液腺がん、甲状腺がん、頸部食道がんなどがあります。
頭頸部がんの治療にあたって、がんを治すことは重要ですが、同時にいかにこれらの機能を残す(機能温存や再建)が、もう一つの大きな課題です。近年、抗がん薬の開発や放射線治療機器の進歩により、手術療法と並び、化学放射線治療が頭頸部がん治療の柱となっています。
化学放射線療法は、長期的にはかなりの機能障害が生じますが、機能温存治療の中心になっています。しかし、治療が奏功しない場合や再発した場合には、手術療法が必要となります。頭頸部がん治療を行っていても、実際には手術療法が得意でない施設も多くあります。
我々は、頭頸部がん治療の2つの柱である手術療法と放射線療法に精通しています。再発腫瘍に対しても、積極的に手術を、可能なら機能温手術も行っています。
当施設で行っている頭頸部がん治療の特徴は、満足な日常生活を送る上で必要な機能の温存や再建を積極的に行ない、良好な治療成績をあげています。

甲状腺がん

甲状腺がんは、進行の遅いがんですが、罹患頻度の高い疾患です。エコーによる集団検診では、14-20名に1人は甲状腺腫瘍が発見され、200から250人に1人が甲状腺がんをもっているといわれています。
治療は手術療法が中心で、大部分の甲状腺がんは、一度の手術で治癒が期待できます。言い換えますと、甲状腺がんは初回手術が治療の鍵になり、きっちりとした手術が必要です。
また頻度は多くありませんが、甲状腺は気管にくっつき、周囲には反回神経(声に関係する神経)や喉頭、食道などの重要な器官があるため、進行がんでは、これらの器官に浸潤(食い込む)するものがあります。臓器浸潤を認める場合には、声枯れや呼吸困難、食物の通過障害などが起こることがあります。
進行がんの治療も手術が中心となりますが、手術の仕方によって再発の頻度や術後の機能(声や呼吸、飲み込みなど)が大きく変化します。当科では、頭頸部がん治療で培った技術を応用し、甲状腺腫瘍のスクリーニングから、進行がんの治療まで、特に、浸潤(進行)がんでは出来る限り機能を温存する治療を行っています。

嚥下障害・音声障害

加齢とともに嚥下機能は低下します。2013年より肺炎が日本人の死因の第3位になりました。そして高齢者の肺炎の原因は誤嚥によるもので、今後も増加していくことが予想されます。
加齢の伴う嚥下障害や脳血管疾患や神経疾患からの嚥下障害を認める患者さんに対して、嚥下機能評価を行っています。入院患者さんでは、NST嚥下チームとして、多種職で総合的に関わり、嚥下機能の改善に取り組んでいます。
嚥下リハビリテーションにて、嚥下機能の改善が困難な患者さんで、食べたい意欲が強い方に対しては、嚥下改善手術や誤嚥防止手術を行っています。
また、肺がんや頭頸部・甲状腺がんによる反回神経麻痺(声帯麻痺)では、嗄声が生じ、ひどくなると1-2秒程度しか音声が持続しない場合があります。このような患者さんは、誤嚥も多く、嚥下障害を認めることもしばしばです。このような患者さんに対して、反回神経再建術や音声改善手術を行っています。

詳細は音声・嚥下専門外来をご参照下さい。

睡眠時無呼吸症候群

テレビなどでもよく取り扱われている睡眠時無呼吸症候群は、肥満や扁桃肥大などが原因で夜間に無呼吸を起こし、昼間の眠気を引き起こすものです。
高血圧や糖尿病の原因となるのみでなく、時には不整脈や突然死の原因にもなるとされています。
検査はアプノモニターという検査機器(簡易検査と精密検査があります)を装着して、どの程度の無呼吸があるかを判定します。
多くはCPAPといった睡眠中にのどを膨らませる簡単な呼吸器をつけて睡眠していただくことで対処できますが、扁桃腺が大きいなど鼻や咽頭の形態異常によって無呼吸を起こすような例では、鼻の手術や口蓋扁桃の摘出とその周囲の形成手術が必要となります。

症例数・治療内容並びに成績

手術件数

2015年度

(平成27)

2016年度

(平成28)

2017年度

(平成29)

2018年度

(平成30)

2019年度

(平成31/令和元)

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
舌癌 5 8 4 5
口腔がん 18 8 5 11 3
咽頭がん 3 3 7 5 3
喉頭がん 11 7 6 3 3
下咽頭がん 3 5 4 2
鼻・副鼻腔がん 5 8 5 5 2
甲状腺がん 36 32 29 28 39
耳下腺がん 5 3 1 1
悪性リンパ腫 7 9 5 9
食道がん 1 1 3 4
その他の悪性腫瘍 11 9 9 11 1
甲状腺腫瘍 18 23 20 35 35
鼻副鼻腔手術(ESS含む) 28 22 23 22 32
扁桃・アデノイド 30 38 28 41 57
嚥下・音声障害 12 11 13 16 9
バセドウ病 3 2 4 9 2
喉頭良性 12 17 9 15 9
外傷 6 9 9 5 11
その他 37 61 81 80 98
合計 247 271 274 303 325

 

音声・嚥下専門外来

当科は、西日本では数少ない頭頸部外科・甲状腺外科の専門施設です。

嚥下障害に対する当科の取り組み

嚥下障害とは病気や疾患により「飲み込み」に障害が生じている状態です。当科では嚥下内視鏡検査や嚥下造影検査を行い、嚥下障害の病態を把握し、リハビリや手術などの治療を行っています。またNST嚥下チームとして病棟回診も行っています。嚥下内視鏡検査は年間500件近く実施しており、国内でも屈指の件数です。
嚥下に関する論文、学会招待講演も多く、経験豊富なメンバーで治療を行っています。
また、2020年5月から入院での嚥下評価(2週間限定)を行っています。ご希望の方はご相談下さい。

嚥下障害に対する手術

嚥下の手術には大きく二つあります。嚥下改善手術 誤嚥防止手術です。
嚥下障害が軽度で術後リハビリテーションが可能な場合、音声が残せる嚥下改善手術(下記①~③)を行います。
また嚥下障害が高度で、誤嚥を完全に防止したい場合、誤嚥防止手術(下記④)を行っています。
どの手術を選択するかは、嚥下・呼吸能力を評価の上、本人やご家族と相談して決定しています。


嚥下障害が軽度
嚥下障害が高度
① 経口的輪状咽頭筋切断(経口的CPM)
適応咽頭の飲み込む力が弱く、嚥下後に食物がのどに残りやすい方。
方法頸部を外切開せず、口からレーザーで輪状咽頭筋(矢印)を切除します。
特徴最も侵襲が少ない術式です。
② 外切開CPM+喉頭挙上術
適応喉頭の挙上が困難な方。
方法のどを下顎まで挙げて固定(矢印)。輪状咽頭筋も切除します。
一時的な気管切開が必要です。
特徴①に比べると侵襲が大きくなりますが、声を残せます。

メジカルビュー社出版「音声・嚥下障害」から引用
③ 喉頭蓋管形成術
適応①②よりは嚥下困難な方で、少量の誤嚥が許容できる呼吸状態の方。
方法喉頭蓋を筒状に作り替え、小さな発声用の穴を作り、気管切開をします。
手術が難しく穴が開く可能性があります。
特徴わずかに声を出すことはできますが、気管切開が残ります。
完全に誤嚥を防げません。少量の水分誤嚥を生じます。

メジカルビュー社出版「音声・嚥下障害」から引用
④ 誤嚥防止術(喉頭閉鎖術)
適応誤嚥性肺炎を繰り返す方。
方法気道と食道を別に分けます。
特徴誤嚥を完全に防ぎ、安全に経口摂取ができます。声は出ません。
気管吸引が激減します(特に夜間に吸引をすることがなくなります)

 

最近10年間の業績

著書・論文、海外学会発表・国内招待講演を挙げます(一般演題は除く)。

ご相談は下記までご連絡下さい。

著書・論文 (2010年以降・嚥下関係のみ)

  • 当院の誤嚥防止術における患者背景と治療効果.河本勝之,森谷李吉他. 滋賀医学,2020.
  • 嚥下手術-誤嚥防止術と嚥下改善手術.河本勝之. 頭頸部外科,2019.
  • 当科における経口的な内視鏡下輪状咽頭筋切除術.河本勝之、森谷李吉他.気管食道科学会,2019.
  • 嚥下手術・私の手術ー喉頭挙上術・輪状咽頭筋切断術併施②.河本勝之. 嚥下医学,2019.
  • Efficacy of fluoroscopy-guided endoscopic cricopharyngeal myotomy. Fujiwara K, Kawamoto K, et al. J Laryngol Otol. 2018.
  • 嚥下障害の診断と治療-耳鼻咽喉科領域・嚥下手術-.河本勝之. 第28回日本気管食道科学会認定医大会テキスト,2018
  • 高解像度マノメトリーを用いた嚥下機能評価.河本勝之. 医師薬出版株式会社、東京, 2018.
  • A novel reflex cough testing device. K Fujiwara, K Kawamoto, et al. BMC Pulm Med,2017.
  • 重症心身障害児(者)の医療的ケア-気管切開術・喉頭分離術の長期管理のポイント.河本勝之. 難病と在宅ケア,2017.
  • 嚥下手術・私の術式-経口的輪状咽頭筋切断術.河本勝之. 嚥下医学,2015.
  • Subglottic laryngeal closure; A unique modified methods of laryngeal separation to prevent aspiration.N Miyake, K Kawamoto, et al. Annals of ORL,2013.
  • 嚥下障害がきっかけで診断され、急速な転帰をたどった癌性髄膜炎症例.河本勝之.嚥下医学1:112-119,2012.
  • 化学放射線同時併用療法後の救済手術の現状と課題-有害事象への対応をいかに行うか-.河本勝之,北野博也. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科,2010

 

国際学会発表,国内招待講演 (2010年以降・嚥下関係のみ.一般演題除く)

  • シンポジウム・嚥下医学会:嚥下障害診療の社会還元.河本勝之.2019年
  • 教育講演・頭頸部外科学会:嚥下障害の手術.河本勝之.2019年
  • シンポジウム・嚥下医学会:嚥下障害の手術.河本勝之.2018年
  • シンポジウム・気管食道科学会認定医大会:嚥下障害の診断と治療―嚥下手術.河本勝之.2018年
  • ENT World Congress-IFOS, Paris, France:Immunohistochemical Study of pChAT in the Rat Larynx. K Kawamoto. 2017.
  • パネルディスカッション・嚥下医学会:私の手術-誤嚥防止術、当科における誤嚥防止術.河本勝之.2017年
  • 103 Congressio Nazionale SIO, Roma, Italy:Evaluation of Subglottic Laryngeal Closure for Prevent aspiration. K Kawamoto, et al. 2016
  • 特別講演:神経筋疾患摂食嚥下栄養研究会:誤嚥防止術の適応と実際、術後の経過.河本勝之.2016年
  • 教育講演・摂食嚥下リハビリテーション学会:誤嚥防止術の適応と効果.河本勝之.2014年
  • シンポジウム・頭頸部癌学会:頭頸部癌治療後の嚥下障害に対する診断および対応-救済手術後の対応 河本勝之.2012年
  • シンポジウム・頭頸部外科学会:化学放射線同時併用療法後の救済手術の現状と課題-有害事象への対応をいかに行うか.河本勝之.2010.

 

 

音声手術の例

甲状腺がんによる反回神経浸潤に対しては、摘出手術と同時に反回神経再建術を行います(図1)。反回神経を切断したままでは、声帯はやや開いた状態で固定し、時間と共に声帯の委縮が起こります。症状として、嗄声や嚥下障害(誤嚥)が生じ、声帯の委縮が進むと発声持続時間も短くなります。反回神経再建を行っても、声帯の可動を回復することはほぼありませんが、声帯が閉鎖位(声を出すときの位置)に固定すること、また声帯の委縮を防ぐ効果があります。通常数カ月後には、元の音声に近い状態に回復することが期待できます。

(図1)反回神経・食道浸潤例
術前より声帯麻痺あり
反回神経:神経移植(大耳介神経) 食道:筋層切除

 

しかし、肺がんや甲状腺がん手術で、反回神経が切断された状態が長期に及ぶ場合や、早急に嗄声の改善を望まれる場合には、当院では甲状軟骨形成術I型(図2)、披裂軟骨内転術(図3)を行っています。これらの手術は、声帯の閉鎖を補助する手術で、発声を楽にします。また食事のしにくさ(ムセ)を改善する効果もあります。手術は通常、局所麻酔で30分から1時間半程度です。患者さんの負担も軽く、がんで予後の不良な患者さんであっても施行可能です。

(図2)甲状軟骨形成Ⅰ型
声帯のすぐそばに詰め物をして、きちんと閉じられるように声帯を内側にむかって押します。

 

(図3)披裂軟骨内転術
声帯が閉じられるように、麻痺した声帯の軟骨に糸をかけて引きます。

 

お問い合わせフォーム
※は必須項目です。


 

副鼻腔炎(蓄膿症)

丁寧に
分かりやすく
説明いたします

こんな症状でお悩みではありませんか?

□ 鼻づまりが続いている
□ 黄色い鼻水が出る
□ 変な匂いがする
□ 匂い(味)が分かりにくい
□ 咳や痰が続く
□ 目の奥や頬が痛い
□ 頭が重い・頭が痛い

当てはまる症状の方は、もしかしたら慢性副鼻腔炎(ちくのう症)かも知れません。
※副鼻腔炎は、俗に言う蓄膿(ちくのう)症です。
『副鼻腔炎は治りにくいもの』 そんな印象をお持ちの方がいらっしゃるかも知れません。

しかし副鼻腔炎にも色々な種類があり、治療をしなくても自然に治っていくものや、薬物療法で治るもの、手術をした方がよいものまで様々です。

例えば軽度の急性副鼻腔炎は、何も治療をしなくても10日以内に70%の人が良くなると言われています。
一方で失明・脳膿瘍のリスクを伴う重症の急性副鼻腔炎は緊急手術が必要です。

また慢性的な副鼻腔炎と思っていたら悪性腫瘍が見つかるような怖い場合もありますので、症状が重い場合・ずっと続いている場合は注意が必要です。

このページは主に『副鼻腔炎(ちくのう症)という病気について』と検査・治療法を説明しています。

Q&A

1.副鼻腔について

2.急性副鼻腔炎について

3.慢性副鼻腔炎について

 

1.副鼻腔について

副鼻腔はどういうものなの?

簡単にいうと鼻の中にある『洞穴』です。

洞穴は『自然孔』と呼ばれる『狭い出入り口』で鼻の中の空気の通り道に繋がっています。
『自然孔』はとても狭いので、風邪やアレルギーで粘膜が腫れると塞がってしまうことがあります。



2.急性副鼻腔炎について

慢性って言うけど、急性もあるの?

ございます。
急性副鼻腔炎は症状が出てから4週間以内のもの、慢性副鼻腔炎は症状が3ヶ月以上続くものです。

どんな症状が、どういう理由で起こるの?

前述のように副鼻腔は簡単にいうと、鼻の中にある『洞穴』です。
急性副鼻腔炎は『風邪』や『アレルギー』で鼻の中が炎症を起こし粘膜が腫れ、『洞穴』の出入り口が腫れた粘膜で詰まってしまうと『洞穴』の中の雑菌が繁殖したり、『洞穴』の中の炎症が酷くなります。
そして下記のような症状が出てきます(人・炎症部位によって、症状の出方は異なります)
  • 膿の鼻水 → 黄色い鼻汁
  • 膿の鼻汁が咽にたれる → 痰・咳
  • 洞穴に膿 → 変な匂い
  • 洞穴の炎症 → 頭痛・頬の痛み・目の奥の痛み
  • 鼻の粘膜が腫れる・鼻汁が増える → 鼻が詰まる・匂いがわかりにくい・味がわかりにくい

急性副鼻腔炎はどうやって直すの?

鼻汁と顔面痛、頭痛と鼻腔内の状態によって軽症・中等症・重症を判断します。
軽症のものは、何も治療をしなくても(抗菌薬を使わなくても)10日程度で70%の人が治ります。
軽症の急性副鼻腔炎の場合は、基本的に抗菌薬の投与は行わず対症療法(点鼻噴霧ステロイド薬など)で経過観察を行います。
症状が強い方や10日以上症状が続く場合は、抗菌薬を5日~10日投与行います。

手術が必要な急性副鼻腔炎はどういうものなの?
重症な副鼻腔炎はどう違うの?

目が痛い・目がかすむ・見えにくい、38.5℃以上の熱が出ている場合、酷い頭痛がする場合、痛い部分(目の周りや頬・おでこの皮膚)が赤くなった場合は重症副鼻腔炎を疑います。
特に眼の症状が強い場合は治療が遅れると視力低下や失明のリスクがあります。
ひどい頭痛も注意が必要です。
最近は抗菌薬の進歩のため減ってきていますが、副鼻腔炎が脳に波及して膿をためてしまうこともあります。すぐに医療機関にご相談ください。
□ 目がひどく痛む、目がかすむ、見えにくい
□ 38.5℃の発熱が続く
□ ひどい頭痛が続く
□ 痛いところの皮膚が赤くなっている(頬・目の周り・おでこ等)

3.慢性副鼻腔炎について

慢性副鼻腔炎って何?

副鼻腔(鼻の中の洞穴)に炎症が持続している状態です。
洞穴の中に膿がたまり続けることが良くあるため『蓄膿(ちくのう)症』とも呼ばれます。

慢性副鼻腔炎の症状は?

以下のような症状が持続します。炎症の部位によって症状が異なるため、人によっては出てこない症状もあります。
□ 鼻づまりが続いている
□ 黄色い鼻水が出る
□ 変な匂いがする
□ 匂い(味)が分かりにくい
□ 咳や痰が続く
□ 目の奥や頬が痛い
□ 頭が重い・頭が痛い

どうして慢性副鼻腔炎になるの?

急性副鼻腔炎をくり返していると慢性化しやすくなります。
鼻の中の粘膜は換気扇のように膿などの汚れを外に外に出してくれる作用があるのですが、何度も炎症をくり返すうちに、汚れを出す機能が弱くなってしまいます。
そのため鼻の中に膿が残り、その膿がさらに炎症を悪化させ、膿が増えるという悪循環を起こします。

また鼻の中の炎症は、ポリープという粘膜の出っ張りを作ることがあります。
この出っ張りのせいで、洞穴が塞がってしまうため炎症が滞り、さらに副鼻腔炎の悪循環を進めます。

検査はどんなことをするの?

①内視鏡検査 と ②CT検査が重要です。
 
①内視鏡検査
鼻内の状態(膿性鼻汁やポリープの有無)を確認するために、細い内視鏡で鼻の中を観察します。
鼻内に麻酔を行ってから、胃カメラと比べるとずっと細い内視鏡を用いますので、痛みは軽度です。内視鏡検査は3分以内に終わることが殆どです。
殆どの場合で痛みは軽度なのですが、人によっては鼻腔内が狭く痛みが強く出ることがあります。
そのような痛みが強くてしんどい場合は、相談しながら麻酔の追加など痛みを和らげる処置を行います。
当院では痛い状態で無理矢理検査を続けるようなことはありません。
②CT検査
副鼻腔(鼻の中の洞穴)は入り口が狭いため、通常は内視鏡では観察できません。
副鼻腔内の状態を確認するためにCTを撮影します。
腫瘍が疑われる場合はMRIを併用し、生検を行うこともあります。

どんな治療を行うの?

慢性副鼻腔炎は少量長期マクロライド投与療法と呼ばれる内服治療を行います。
2-3ヶ月間『鼻内の環境を整える目的の抗菌薬』を内服します。
慢性副鼻腔炎の約半分はこの治療によって改善します。
状態に合わせて、去痰薬や点鼻噴霧ステロイド、鼻洗浄を併用します。

手術はどんなときに行うの?

薬物療法を2-3ヶ月程度行い改善がみられない場合や、CTで特殊な陰影(真菌性副鼻腔炎が疑われる場合)に行います。

どんな手術なの?顔を切ったり、口を切ったりするの?

鼻から入れる内視鏡で手術を行いますので、顔や口を切ることはありません。

手術はどのくらい入院しないといけないの?日帰り手術はできないの?

全身麻酔、局所麻酔にかかわらず極力短期の入院になるようにしています。
入院日数としては3~6日程度をオススメしています。 日帰り手術の場合、手術当日に帰宅になるため、手術後の心理的な不安感から夜間に外来受診される方も多くみられます。
短期入院により切な安静が得られ、手術後の合併症を防ぐことに繋がることに加えて、患者さんの安心感のためにも数日間の入院を勧めています。
入院期間は『疾患の状態』と『ご都合』に合わせて決定いたしますので、ご相談ください。
ご高齢の場合や、治療中の他の病気がある場合には、安全に治療を行うために入院期間が若干延長することがあります。

入院費用はどのくらいかかるの?

通常3割負担で13~30万円程ですが、高額療養費制度/高額医療費制度(限度額適用認定証)を利用していただけます。
ただし、食事代、差額ベッド代は別途必要です。(2020年4月時点)
申請手続きはこちらをご覧ください。

術後は通わないといけないの?

数回受診が必要です。

慢性副鼻腔炎をほっておくとどうなるの?

鼻内の持続的な炎症や膿が残っていることによって、鼻内の環境がどんどん悪くなり症状が悪化する可能性があります。
鼻内の持続的な炎症は『炎症の急性増悪に伴う重症化』『癌化』のリスクがあるので治療をお勧めしています。

 

スタッフ

名前(フリガナ) 森谷 季吉(モリタニ スエヨシ)
役職 副院長
頭頸部甲状腺外科センター長
専門分野 頭頸部外科、甲状腺外科
学会専門医・認定医 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本気管食道科学会認定専門医
内分泌・甲状腺外科専門医
頭頸部がん専門医
日本がん治療認定医
緩和ケア研修修了
名前(フリガナ) 河本 勝之(カワモト カツユキ)
役職 部長
専門分野 頭頸部外科、嚥下医学
学会専門医・認定医

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医

気管食道科学会認定専門医

日本がん治療認定医

日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
緩和ケア研修修了

名前(フリガナ) 武信 真佐夫(タケノブ マサオ)
役職 医長
専門分野 耳鼻咽喉科、 頭頸部外科
学会専門医・認定医 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
頭頸部がん専門医
緩和ケア研修修了
名前(フリガナ) 藤井 太平(フジイ タイヘイ)
役職 医長
専門分野 耳鼻咽喉科
学会専門医・認定医 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
名前(フリガナ) 安永 雅一(ヤスナガ マサカズ)
役職 医員
専門分野 耳鼻咽喉科
学会専門医・認定医 緩和ケア研修修了
名前(フリガナ) 石田 侑希也(イシダ ユキヤ)
役職 専攻医
専門分野 頭頸部外科
名前(フリガナ) 永原 國彦(ナガハラ クニヒコ)
役職 非常勤
専門分野 頭頸部外科、甲状腺外科
学会専門医・認定医 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本気管食道科学会認定専門医
頭頸部がん専門医制度暫定指導医
内分泌・甲状腺外科専門医

 

外来担当表

6エリア
情報量が多い場合に横にスクロールできます。
午前 1診 藤井
(鼻・副鼻腔外来)
森谷
(頭頸部・甲状腺腫瘍外来)
輪番 森谷
(嚥下・音声外来)
輪番
2診 石田 河本 武信
(頭頸部・甲状腺腫瘍外来)
3診 永原
(頭頸部甲状腺外科)
安永
4診 武信
(嚥下・音声外来)
河本
(第2・4・5週)


ページの
先頭に戻る