お問い合わせ アクセス

整形外科

概要

当院の整形外科では、交通外傷や労働災害などの救急外傷および、四肢関節や脊椎など慢性疾患に対しての治療を幅広く行っております。 手術治療が診療の中心であり、骨折を中心とした外傷の手術加療や、保存治療で症状の改善が得られない慢性疾患の手術治療を行っております。

実績

手術件数
 

2019年度

(平成31年)

2020年度

(令和2年)

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
脊椎 248件 256件
上肢 78件 91件
下肢 197件 200件
外傷 369件 386件
リウマチ 1件 1件
スポーツ 28件 27件
小児 0件 0件
腫瘍 10件 10件
合計 931件 971件

対応疾患

外来診療

一人ひとりの患者さんに十分な診療時間を設けるために、予約制の外来となっています。地域の医院・診療所との連携を深めて治療を行っており、まずはかかりつけの整形外科で治療を行っていただき、精査を希望される場合、手術治療を希望される場合は紹介状を持参のうえ当院整形外科外来を受診してください。

※午後から手術のため、午前外来の診療予約枠を制限しています。

手術診療

骨折や脱臼など外傷

交通外傷や労働災害による外傷や、近年増加する高齢者の転倒による骨粗鬆性骨折に対する手術などを行います。

人工関節置換術

変形性関節症や関節リウマチなどによる主に股関節や膝関節の疼痛に対して、人工関節置換術で除痛や機能回復を目指します。

人工膝関節置換術はナビゲーションシステムを使用しています。

脊椎手術

頸髄症・腰部脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなどの変性疾患に対して、除圧や固定などの手術を行います。

スポーツ外傷

膝半月板損傷や膝十字靭帯損傷などに関節鏡を用いて機能回復を目指す手術を行います。

手・足の外科手術

手根管症候群やばね指など慢性疾患の手術や、外傷や関節リウマチによる腱断裂の縫合術などを行います。

 

変形性膝関節症

加齢とともに内側を中心に軟骨がすり減り骨が変形することを変形性膝関節症といいます。

痛みが強くなり、関節の動く角度が減少し、歩行障害を生じることがあります。

疼痛や変形が高度になれば人工膝関節全置換術の手術を行います。

ナビゲーション人工膝関節全置換術

当院では、滋賀県では数少ないナビゲーションシステムを使用した人工膝関節手術を施行しております。ナビゲーションシステムとはコンピューター技術を使用した最先端の医療機器で、日本でも導入が進んでおります。

ナビゲーションシステムの仕組み

カメラからの赤外線を利用して人工関節の3次元的位置を計測し、より正確に人工関節を膝に設置する支援をリアルタイムで行います。人工膝関節が正確に設置されることで、人工関節の長期の安定性や、患者さんの術後の満足度が改善するとされています。


術中キネマティック、アライメント表示による術中の脚動態解析

 

スタッフ

名前(フリガナ) 西脇 聖一(ニシワキ セイイチ)
役職 部長(医局長)
専門分野 下肢関節外科
学会専門医・認定医

日本整形外科学会整形外科専門医

日本人工関節学会認定医

名前(フリガナ) 西澤 和也(ニシザワ カズヤ)
役職 脊椎センター長
専門分野 脊椎・脊髄外科
学会専門医・認定医

日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科認定医・指導医

日本整形外科学会整形外科専門医

名前(フリガナ) 影井 祐介(カゲイ ユウスケ)
役職 医員
専門分野 整形一般
学会専門医・認定医 日本整形外科学会整形外科専門医
名前(フリガナ) 緒方 悠元(オガタ ユウゲン)
役職 専攻医
専門分野 整形一般
名前(フリガナ) 蝶勢 友也(チョウセイ ユウヤ)
役職 専攻医
専門分野 整形一般
名前(フリガナ) 渡邊 龍人(ワタナベ リュウト)
役職 専攻医
専門分野 整形一般

 

外来担当表

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
午前 1診 西脇
(初診)
影井
(初診)
輪番
(初診)
馬場
(初診)
西澤
(初診)
2診 緒方
(初診)
西澤
(再診)
三村
(再診)
※休診:10/13
西脇
(再診)
渡邊
(初診)
3診 渡邊
(再診)
緒方
(再診)
蝶勢
(再診)
※休診:10/20
中島
(第2・5週)
(肩肘スポーツ外来)
影井
(再診)
4診 今井
(第2・4週)
(肩・上肢)
午後 1診 西脇
(関節)
影井
(脊椎)
児玉
(第3週・13~14時)
(手・足・腫瘤外来)
西澤
(脊椎)
2診 西澤
(脊椎)
谷川
(第1・3・5週)
(骨粗鬆症)

★完全予約制
※月曜日~金曜日:受付10時30分まで



ページの
先頭に戻る