お問い合わせ アクセス

特徴

淡海医療センターの役割

救急医療機関

地域住民がいつでも安心して治療を受けていただけるよう質の高い救急医療をめざし、二次救急医療機関として、内科系・外科系で時間外、休日や祝日も含め365日24時間、救急患者の治療にあたっております。

地域完結型医療

急性期から回復期、介護療養までを地域の診療所や病院と緊密な連携をし、住民の方の要望に応えられる「地域完結型医療」を行っています。
誕生から亡くなるときまで地域のあらゆる医療に携わります。

地域がん診療連携支援病院

滋賀県がん対策推進計画に基づき、専門的ながん診療機能の充実を図るための指定を受けています。滋賀県におけるがん医療水準の向上を図るとともに、がん診療連携拠点病院による各保健医療圏におけるがん診療連携の推進を支援します。

災害拠点病院

当院は災害拠点病院として、自然災害時や多重傷病者発生時などにおける災害医療の要としての働きを担っています。災害時には300人程度を臨時収容できるホールがあり、救命救急活動や医療の優先度の選別ができます。

地域医療支援病院

地域医療において医療機関の機能の役割分担と連携をするため、一次診療は原則として地域の診療所の「かかりつけ医」で受診し、必要に応じて診療所からの紹介で当院を受診する病診連携を進める立場になります。後方支援病院としての機能が備わっていることを認めていただいていることになります。



ページの
先頭に戻る